無添加にこだわったイビザデオドラント

無添加にこだわったイビザデオドラント

なぜ無添加にこだわるのか?

イビサデオドラントは無添加にこだわっており、余計なものは一切使っていません。たとえば、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、着色料の五つの添加物を使用していません。そのため、デリケートゾーンでも使いやすく、赤ちゃんの肌でも使えるほどです。


そして、なぜこれほどイビサデオドラントが無添加にこだわっているのかというと、それはデリケートゾーンの敏感さに理由があるでしょう。デリケートゾーンは文字通り、とても敏感な部分で肌トラブルが起こりやすいといえます。


まず、汗や排泄物、おりもので汚れやすいのが原因のひとつです。また、蒸れやすく、雑菌が増えやすいという点も挙げられます。そして、下着などで摩擦が加わりやすいということもあって、デリケートゾーンは肌にダメージを受けやすいのです。


また、角質層が薄いためバリア機能が低く、少しの刺激でも敏感に反応してしまいます。そのため、添加物のような成分が使われていると、肌トラブルが起こりやすくなります。


実際、合成界面活性剤やパラベン、紫外線吸収剤、鉱物油、着色料は肌にダメージを与えやすく、アレルギーや肌トラブルを起こす原因になると言われています。つまり、イビサデオドラントは敏感なデリケートゾーンでも安心して使えるように、無添加にこだわっているのです。

デリケートゾーンへの添加物の影響とは?

実際、添加物による肌トラブルの報告は多数あります。まず、石油系界面活性剤は角質層という肌のバリア層を溶かしてしまう性質があります。つまり、もともと角質層が薄いデリケートゾーンに使用してしまうと、よりバリア機能が落ちて、肌トラブルの原因になってしまうのです。


次にパラベンですが、これは防腐剤の役割を果たしています。しかし、刺激が強い成分のため、デリケートゾーンのように角質層が薄い部位に向いていません。まれにですが、アレルギー症状や肌トラブルを起こすこともあるそうです。


紫外線吸収剤もデリケートゾーンへの使用は避けた方が良いでしょう。この成分は、紫外線を吸収する働きがあるのですが、その際に化学反応を起こして、熱を発生させます。そして、この化学反応や熱が肌に刺激を与えてしまうのです。


そして、着色料の中には発がん性のあるものや肌トラブルの原因になる成分もあります。また、鉱物油も刺激が強い成分ですので、デリケートゾーンでは避けた方が良いでしょう。


このように、添加物はデリケートゾーンへ使用すると、肌トラブルを起こす可能性があるといえるのです。しかし、イビサデオドラントはこういった成分を一切使用していない無添加商品です。そのため、肌トラブルの危険性が少なく安心して使えるでしょう。

参考サイトのご紹介→https://xn--eckm1ag4ghg0fyf5d4e9199b.xyz/