デコルテがざらざら!?加齢によるざらつきには艶つや習慣


デコルテがざらざら!?加齢によるざらつきには艶つや習慣

年齢とともに気になる肌のざらつき原因

年齢を重ねてくるとケアしていても、デコルテなどざらつきが増える肌の対策として使えるのが艶つや習慣です。お風呂場で垢だしをしていても、化粧水などで保湿努力をしていても、いつの間にか解消しなくなってきた肌のざらつき、これは加齢による体の変化がかかわっています。ターンオーバー周期が乱れてきてしまい、いつまでも古い角質が残りやすくなっていることと、長年の間に衣服やアクセサリーなどによる摩擦で、肌質が悪化し元に戻りにくくなっていることがかかわっています。

きれいなデコルテを取り戻したいとき役立つのは、角質ケアに役立つ成分がたっぷり入った艶つや習慣です。角質を滑らかにするとともに、肌に潤いやハリ、キメやしなやかさを取り戻せる成分が豊富です。

あんずエキスは種の中にある仁から抽出されていて、パルミトレイン酸が含まれています。ハトムギエキスは、肌ケアに優れ豊富なアミノ酸が保湿にも役立つとともに、さらにアミノ酸とミネラルが優れているプラセンタエキスが乱れるやすい肌の調子を整えるときにサポートするとともに、アロエベラの保湿、ヒアルロン酸の保水力が生かされ、優れた美容成分が問題解決に導いてくれます。

艶つや習慣でざらざらを解消するポイント

デコルテにできる肌のざらつきやブツブツを解消するため、艶つや習慣をつかっても変化がないように感じる人は、使用している期間が短いことが原因の可能性があります。艶つや習慣を使って角質ケア、うるおい、ハリやキメ、しなやかになるように毎日使っていても、肌のターンオーバーが進んでいなければ、成分により生まれ変わった新しい肌質になる前の、古い角質がついたままの状態になっているからです。

若いうちは28周で生まれ変わっていたものが、40代になると50日を越し、50代には70日を越すといわれています。最低でもこの期間は使い続けないと、ケアしてきたものが無駄になってしまうので、1か月で変化がないとあきらめることがないようにしなければなりません。

メイクを落としの洗顔後、サクランボ大の大きさが顔全体に適した量ですが、たっぷり大容量なため、肌質の悪化が気になる人はさらにプラスして使っても大丈夫です。デコルテだけでなく、ひじやひざ、かかとなどざらざらやカサカサが気になる部分にも使ってケアしましょう。

ジェルタイプのオールインワンで手軽に使うことが可能で、女性だけでなく男性の気になる肌にも活用できます。お子さんの乾燥した肌が気になる場合も、ケアに使うことが可能です。

参考サイトのご紹介→http://xn--k9j4cvg0go08n9pbg58bimlv76ccsf.xyz/